電気の節約方法

冬の時期はエアコンやヒーターなどで電気を使うことが増えますね。
我が家は石油ファンヒーターなどで灯油代もばかになりません。
これらを節約すれば家計がぐんと楽になるでしょう。
でも使わないと寒いですし、一体どうすれば節約できるのでしょうか。
もともとエコ運転してくれるような新製品を、思い切って購入すれば、長い目でみれば電気代の節約になるといわれています。
環境にも優しいということで安心できますよね。
このような新製品を持っていない我が家では、何とか使い方を工夫して節約を試みています。
たとえばエアコンは、気温が下がる数時間だけつけています。
石油ファンヒーターと合わせて、起きる時間の1時間前にタイマーを合わせておくのです。
朝起きたら、ある程度部屋は暖かくなっているので、エアコンはすぐに切ります。
石油ファンヒーターの温度設定も2、3度下げます。
最初は少し寒くなったなと感じますが、もともと暖めてあるぶん、そんなに気温差を感じずにすみます。
朝は、フリースなどの保温できる服を1、2枚余分に着るようにすると良いと思います。
我が家では、日中はエアコンはつけません。
ずっと石油ファンヒーターのみで過ごしています。
もったいないと考えて、何度もつけたり消したりを繰り返すと、点火時の消費電気量が増えますので、それは避けたほうが良さそうです。
エアコンも同じで、電源を入れたときに、1番電力を消費するので気をつけておきたいですね。
ですので、実際、暖房をフルパワーで使うのは、朝の時間帯の1時間程度にしています。
部屋の扉はすべて閉めて、換気扇も料理をするとき以外には回しません。
そうやって部屋全体の暖かさを逃さないようにしています。
灯油は少しでも売値が安いところを探して購入するようにしていますし、ポイントカードを有効活用して、他にも買い物で使えるポイントを貯めるようにしています。
こうして現金として使えるポイントカードを活用することは、毎月、高い金額になってしまう灯油代を、他の買い物に役立てられる方法といえるでしょう。

石垣島 ホテル 宿泊

沖縄にきたらやっぱりダイビング!ダイビングショップ【TOYBOX】

大阪の進学塾をランキング形式で紹介します

静止バナー、動画バナー、flashバナーの制作はこちら。

副作用の症状としては、頭痛や吐き気などが存在しますので、常用は危険です。